Que sera sera~keisongの日常~

週1早朝河川敷ゴルファーの記録簿
MENU

簡単なショットを簡単に打てる人

「アナライズT島の商売してまっせ」のブログを読んでて

うん。うん。うなった

「どMのゴルファーは上手くならない」 <以下引用要約>
○アマチュアゴルファーの多くは難しいゴルフ場に行って、
 打ちひしがれることを望んでいるのか?
○ホントのアスリートとなんちゃってアスリートの違いは、
 結果を残すか否かというとこに尽きる。
○難しいコースにバックティが大好き。
 それってすべて言い訳にできるから。
○やさしいコースでも40切ったことがない人は、
 難しいコースでも出ません。
○やさしいコースでハーフでいいから36をだす。
 やさしいコースで出ないということは、難しいコースでも決して出せない。
○上手い人は、いつも簡単なショットを簡単に打てる人。
 簡単な状況にいつもいることが大切。
詳細はこちら



簡単なコースでやってると

上手くなるぜ!ってのは、実体験がないのでわからないけど

「簡単なことを、確実にできる」ってことがスコアには大事だってのは

なんとなくわかる気がする

最近通ってる、浮間の早朝ハーフなんて、

平坦で、距離短くて、100y以内がセカンドで残る場面が多くて

はたから見ると簡単なんですよね

でも

当たり前に、真っ直ぐ打って

当たり前にパーオンさせる

そして、パーを取り続けるって

平坦なコースでも案外難しいって毎回思う

難しいコースや山岳に行くと

大雑把な反省で、技術的なことだけを理由にしがちなんだけど

簡単なコースだと、自分の反省点が明確になる

しかもハーフラウンドだとなおさら集中できる

今の練習方法は意外とアリかもって思いました。。。

でも、結果を出してからだな。いいと言えるのは

失礼いたしました。。。

6 Comments

芝刈りさすけ says...""
北陸って山岳コースばっかりなのよねー……
平坦なコース回りたい(笑)
2015.06.02 18:58 | URL | #- [edit]
keisong says..."芝刈りさすけくん"
北陸って山岳コースなんですね~

平坦なコース回りすぎて
傾斜が打てなくなる可能もあったりする(笑)
2015.06.02 19:42 | URL | #- [edit]
やま says...""
静岡も、山岳コースが多くて大変です。
平坦なコースを周りたい!
むずかしいコースはできるだけ行かず、
バックティーはやりたくありません。
白ティーの6000Y前後のところで十分です。
2015.06.02 21:02 | URL | #- [edit]
keisong says..."やまさん"
山岳が多いなら、きっとショットの精度にシビヤになり、正確なショットが磨けて、上手くなる秘訣だったり、地域や環境で様々なんでしょうね(^^)
2015.06.02 23:56 | URL | #s4pD3od2 [edit]
まめたろう says...""
こんにちわ~

よくわかります。間違ってないと思います。
私がラウンド始めた頃、某プロから教えられたこと。
フェアウェイからも全てティーアップ。ウッド使わない。パットは2回まで。要するに、良いイメージを持てとのことでした。完全なる練習でしたけど、ゴルフの楽しさを覚えたことに間違いありません。
あ、ちなみに場所はキャディのアルバイトしてた河川敷でした♪
2015.06.03 14:28 | URL | #Tmzu1ZsA [edit]
keisong says..."まめたろうさん"
コメントありがとうございます。
間違ってない。よかった!

>フェアウェイからも全てティーアップ。ウッド使わない。
>パットは2回まで。要するに、良いイメージを持てとのことでした。
あのブログで塚田プロが、「スコアはガンガン出すことで、まだまだ行けると思うことが大切」
と言っていたこととも共通しますね。
壁をつくらない「イメージ」って大事ですね!!!

まめたろうさんも河川敷ゴルファーだったなんて^^
2015.06.03 17:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://keisong.blog.fc2.com/tb.php/488-1c1b3fc4
該当の記事は見つかりませんでした。