Que sera sera~keisongの日常~

週1早朝河川敷ゴルファーの記録簿
MENU

100切りのために考えたこと③

100切り選手権で大叩きはダメだと考えて横に出すことを優先し

さらに

1ホールで、最低限叩いてもよい数値を設定しました
(自分の中の「 PAR 」のようなもの)

例えば
パー72だと、27オーバーまでが100ギリで叩けます
【72(パー) + 27(オーバー) = 99 (100切り)】

すべてボギーは難しいと感じたので

とりあえずすべて「ダボ」狙いにしてみました

すべて、ダボ(+2)だった場合は、36オーバーで108です
【72(パー) + 36(オーバー) = 108 】

ラウンド中に、ボギーやパーがとれれば108をさらに削れます

なので、僕の中では、最低限叩いてよいスコア

ミスしたら次に切り替えるスコアはダボ(+2)に設定しました

心理的にも余裕のある数字にすることでへんなプレッシャーを感じることがなく

気楽に100切りができるだとうとも考えました

でも、実は・・・

正直にいうと1ホール大叩きしてたりしますけど(笑)

100切りの考え方の応用で次は90切りの安定を考えてます

僕は今、まさに90切りを安定的しようと

目指している最中なのですが

基本的な考え方は100切りと変わらないです

ミスしても、ダボに抑えて、ボギーペースを守りながら

パーを取ることが今の目標です

もっとパーを取ることを安定させて

大叩きをせず、悪くてもダブルボギーに抑えると

平均80台はイケルと考えております

結局のところ、100切りの延長で90切りを考えています

これが僕のスタイルだと思う

こんなちまちました考え方でなくても

バンバングリーン狙って、攻め!攻め!で

ラウンド行きまくって、慣れることでも

100は切れるんだと思います

でも、安定的に100を切るためにはどうしたらよいかと

考えたことでの僕の答えは「特別なことをしない(無理しない)」でした

実際、「特別なことまったくしない」とゴルフつまらないです

爽快感だってないし

冒険、挑戦することで学べることも多いので

やったりします

でも、無理しないで、大叩きしない、方法を知っていれば

攻めるべきときに、攻めて、思い切って失敗できる

失敗しても、次に切り替えができる

「無謀」ではないゴルフができるんだと考えてます

人それぞれのゴルフスタイルがあるので

これは僕の考え方です

これから100切り目指される方の一助になればこれ幸いです

長々と失礼しましたm(_ _)m

100切りのために考えたこと②

fc2_2014-07-22_09-27-03-707.jpg

昨年、ゴルフネットワークの100切り選手権に出場しました

ここでは、テレビに映る可能性があり

100は絶対に切らないといけないプレッシャーがあって

真剣にどうするか考えました

そして、挑んだテーマは

「大きくなりそうなミスを最小限にすること」

ショット曲げたら、林に入れたら、横に出す(打ちやすいところに出す)

そんな、当たり前なことを絶対に実行することにしました

>今回は「キコリ大脱出完全封印!」、とにかく横だし徹底
>横に出しても挽回できるものなのね(=´▽`)ゞ
(記事参照ココ

100切りのために足かせになるものは

強引に狙うショットによる

大叩きだと僕は理解しました

大叩きになりそうな場面をいかに乗り切るか・・・

プロみたいに林や難ライからグリーンを狙いたい!

けど狙わない

なるべくグリーンに近づけたいけど脱出優先

それを「しかたない」と受け入れる

仮に

飛ばそうとして、脱出できなければ心理的プレッシャーはさらに強くなり

それでも脱出できなければ、発狂したくなるくらい追い込まれるんだから・・・

と自分に言い聞かせ

負の連鎖を早い段階で断ち切ることが

ミスを最小限にする=大叩きを防ぐ

そして、100切りできる1つの方法だと考えました

これは「特別なことをしない」と共通することだったりします

つづく・・・100切りのために考えたこと③

100切りのために考えたこと①

この記事UPしようかどうか迷ったけど

う~ん。UPしゃちゃえってことでUPします!

長いです。。。

最近、よく聞かれることの1つに

「100ってどうすれば切れるの?」っというのがあります

すかさず僕は調子にのってこうだ!っとアドバイスしようとしますが

「なんで切れたんだ。オレ!?」って、なって 

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!ってなる

そんなことが続いてきたので、

整理のために残しておく記事です

これからも100は叩くであろう僕が、

偉そうに100切りのアドバイスはできないけど

100を切るために考えてたこと

実行したことは

整理しておいてもいいのかなと思うのでまとめてみることにしました

ゴルフのスタイルには人それぞれいろいろあって

それを否定するものではないし

この記事はあくまでも僕個人の考え方です

「いちアベレージゴルファーの考え方」として

暖かい目でご覧いただければありがたいです(ー人ー)


僕が初めて100をきったのは

あぷろーち

僕の初めての100切りは

ブログで確認すると

2013年4月

現在はホームコースとなっている古河ゴルフリンクス(その時の記事

当時の記事に書いていた言葉で

>今回のラウンド中にず~っと思ってたのは、
>いつも以上のこと、特別なことするのはよそうとそれだけでした。

「特別なことをしない」

これが、それ以降も、そして今もポイントのような気がします

特に、この時のことで印象に残っているのは

ナイスショットのドライバーでもなく

ビタッと寄ったアプローチでもなく

ロングホールで

ティショットでフェアウェイバンカーに入れて

そこで、セカンドショットをPWで脱出したこと

残り距離を考えると、ウッドやロングアイアンを持つところを

刻むためにPWを選択したこと

そして、そういうことなのか!?と気付いて

「特別なことをやらない」の積み重ねでなんとか100を切りました

このことは、昨年挑戦した100切り選手権で具体的になりました

つづく・・・100切りのために考えたこと①

このカテゴリーに該当する記事はありません。